地域密着型のメリット

地域密着型の結婚相談所は大手企業と比べて1つの相談所自体の会員数は少ないですが、それをカバーするために地域の連盟に加入しているところが多く、他の結婚相談所に登録をしている人でもネットワークを利用して紹介することも可能です。登録している人も地元の人がほとんどなので、地元で婚活をしたい人にとっては有利でしょう。

サポート大手企業では、会員登録をする際の登録料や月々の会費が高額なところもあります。一方で、地域密着型の結婚相談所では登録料や会費は大手企業より抑えてあるところが多いです。その代わり、相手が見つかった際には成功報酬として成婚料が発生します。活動費を抑えて婚活したいという人には、地域密着型でじっくり相手を探すという方法もあります。しかし成婚料は20~30万円に及ぶところもあるため、必ず契約前に確認しましょう。

地域密着型の結婚相談所では、アドバイザーさんが親身になってサポートしてくれるところが多く、なかなか自分から行動できないという人や、初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手といった人にとっては大手の結婚相談所よりも向いていると言えます。ちなみに地域密着型結婚相談所の「FIORE」では経験豊富な婚活サポートメンバーが完全バックアップしてくれますので安心して素敵な相手を探すことが出来ます。

大手企業も地域密着型の結婚相談所もそれぞれの特長がありますが、地元で結婚相手を探したいという人には地域密着型のメリットを活かして相手を探してみてはいかがでしょうか。

大手業者との違い

結婚相談所を探そうとする際、現在では手軽にインターネットで検索をかけることが可能です。また、インターネットや雑誌で大手の結婚紹介所やマッチングサイトの広告をよく見かけて気になっているという人もいるでしょう。全国の主要都市に拠点を構える大手の結婚相談所は宣伝広告が多いため目に入りやすい一方で、地方を中心に営業している地域密着型の結婚相談所の場合、ホームページを掲載しているところもありますが、地方の情報誌などを活用して探す方法もあります。

アドバイザー全国展開している大手企業と地域密着型の結婚相談所では、会員数やアドバイザーの数が圧倒的に違います。特に地域を決めないで相手を探したい、年収や年齢など細かい条件に適した人を探したいといった場合には人数が多い大手企業で探すほうが良いでしょう。地域密着型の場合、条件にこだわりたい人では相手が見つからないこともあるため注意が必要です。

地域密着型の結婚相談所では、昔ながらの仲人さんのようにアドバイザーさんが親身になって相談に乗ってくれるところが多いようです。登録者数が少ない為、目が届きやすく結婚までを見守ってもらえます。一方で、大手の結婚紹介所の場合は、多くのところが自分から相手を探すアクションを起こさなければいけません。

婚活と結婚相談所

雑誌やテレビなどのメディアを通じて、「婚活」という言葉は広く世間で認識されるようになりました。一時のブームは少し落ち着いたように見えるものの、結婚相手を探したいと望む人は多く、現在でも様々な形で婚活が行われています。

お見合いパーティー婚活でイメージされる出会いの中で、代表的なものが「お見合いパーティー」のようなパーティー型式の場所です。大手の結婚相談所が開催するパーティーも最近では従来のような大規模な形式だけでなく、様々なテーマを設け、共通の趣味や興味のあるものを通じて出会いの場を作ろうとする新たな取り組みも行われています。

大規模なパーティーだけでなく、料理やウォーキングなど1つの経験を通して話の合う人を見つけようとする「趣味コン」と呼ばれるイベントもよく知られるようになってきました。一緒に何かを成し遂げることで達成感を味わったり、アニメや漫画、ペットなどの共通の趣味を持った人を募集して少人数で楽しめるイベントとして人気です。

しかし中にはパーティーや趣味コンの限られた時間ではじっくりと相手を探せない、地方に住んでいるためなかなか人が集まるイベントが開催されないといった人もいます。このような場合、結婚相談所を活用して相手を探すのも有効な手段の1つです。特に、地元で出会いを探したい、自分から動くのは少し苦手だといった人には地域密着型の結婚相談所がお勧めです。当サイトでは、現在でも根強い人気のある地域密着型の結婚相談所について紹介しています。